どうしてだかわからないんだけれど、...

どうしてだかわからないんだけれど、
失くせば失くすほど、
もう一方でふくらんでいくものも
あるのかもしれない。
でないと計算が合わないよね。...

だって悲しい一方のことなんて
あるはずがないもの。
よく見ればなにかが
用意されているはずよ。

(花のベッドでひるねして、よしもとばなな)

負けた、失敗した、別れた、
そんなことがあると、

目の前から失くしたものばかりが
心に何度も思い返されます。

心に空いたその空間に、
そういう感情ばかりを
埋め込んでいくことができます。

何度も何度も、
あの時...
なんてことを
考えずにはいられない。

「じゃあ、次はどうしようか」

「今度は、何に挑戦しようか」

「新しい出会いをどこでしようか」

と考えられるようになるには、
人それぞれの時間が必要です。

失ったものと向き合う時間と、
これからのことを考える時間の
バランスは、かなり難しいが、

用意されているものに
できるだけ早く気づけるように。

なんとか、進みたいものです。

(参考) 花のベッドでひるねして(よしもとばなな)

→ 友達に、いい言葉カードを送る