思いがあれば、...

思いがあれば、
3倍の努力は当たり前だ

(熱く生きる、天野篤)

必要とされていると思えないから、
ここを去る。

愛されていると感じないから、
この人とは別れる。

最初は思い入れがあったのに、
そういう決断を
しなければならない状況は、
とても残念なことでしょう。

しかし、もしかしたら、
自分の思い通りに
うまくいかないから、
あきらめているだけかもしれない。

たとえば、
愛というもの。

いつもいつも、
「自分は愛されているか」
と考え、相手を見ていたら、
相手は、おそらく、うんざりする。

それに、そんなふうに見ていたら、
間違いなく、
「愛されていない」という兆しや
証拠を見つけるに決まっている。

人間誰しも100%の余裕をもって、
人を愛し続けることなんて出来ない。

もちろん、それは相手の事情。

じゃあ、「愛」に対する自分の見方は
どうか? それで正しいのか?

そもそも、愛というのは、
「愛されているか」と試すものか?

私は、分からないなぁー。

ただ、試しすぎていたら、
きっと、壊れるような気がする。

本当に「思い」があるなら、
ひたすら努力してみるしかない、
って時もあるんじゃないかなぁ。

仮に、自分の思いが離れているなら、
「愛されていない」なんて騒がず、
私には「愛し続ける力」がないと
認めたほうが、気楽だ。

また、そこから始められばいいだけ。

(参考)熱く生きる(天野篤)

→ 友達に、いい言葉カードを送る