苦しみがなくなるのではない...

苦しみがなくなるのではない
苦しみでなくなるのだ

(こだわらない とらわれない、荒了寛)

嫌なことは、
早く過ぎ去らせたい、
と思いますが、

そう簡単には
いかないことが多く、
結局、時が経つのを待つしかない
ということが、ほとんどです。

しばらくじたばたした後、
あきらめがついて
待つようになれると、「自分」も
変わってくるように思います。

この「待つ」というのが、
一番、自分を変えてくれる
のかもしれません。

待てる力が増えれば、
苦しいことの量も質も
大きく変わるからでしょう。

もっともっと
大変なことに強くなれるために
まだまだ「待つ」ことを
学び続けるんでしょうね。

(参考)こだわらない とらわれない(荒了寛)

→ 友達に、いい言葉カードを送る