(女は)...

(女は)
存在だけでも幸せになる。
男というのはただ
そこにいたってしょうがない。

男は、いつも他に
何者かにならなきゃいけない。
将棋を指したり、役者だとか、
カメラは一流だとか、
何かやることで
存在価値があるようなものだ。

(小説以外、恩田陸)

居てくれるだけで
幸せなんです、
と言われるのと、

(何か)やってくれて
ありがとう、
と言われるのでは、

根本的に違うでしょう。

やってくれるか、
やってくれないか、
で判断されるのは、

やりがいがあることだけれど、
自分のやりたいことじゃない基準で
評価されるだけの世界に生きるのは、
ちょっとキツイ。

それが出来ないから、
それをやってくれないから、
何の価値もない人間というレッテルが、
日本では貼られやすい。

違う個性で生きようとしても、
だったら、自分の生活くらい
自分の責任でやってくれ、
ということになる。

「志」で評価されるというのは、
現実には、かなり難しい。

それは見えないものだし、
それをあるように見せて
人をだます人もいるもんだから、
口で言う「志」だけでは
信用されない。

もともとの信頼関係があるかどうか。
結局は、そこなんだろう。

存在を認められるのも、
行動を認められるのも、
そういうことかな。

(参考)小説以外(恩田陸)

→ 友達に、いい言葉カードを送る