貧しさとは、豊かさを見て初めて...

貧しさとは、豊かさを見て初めて
気づくものなのか。
豊かさに比べて足りぬ
ということが貧しいのか。

私たちの暮らしには不幸もある。
やりきれぬこともある。
だが私らは、自分達が
貧しく惨めだとは思っておらん。

(満願、米澤穂信)

生きていれば、
その人の人生のなかで、
今は経済的に苦しいな、
と感じる時があると思います。

ただ、そういう時ですら、
その自分よりもさらに苦しい人を
見つけられるんじゃないでしょうか。

そして、
「自分のほうがマシだな」
と思い直せます。

その良し悪しはともかく、
自分より上と比べるか、
それとも下と比べるかで、
気分は違ってきます。

比べるなと言われるけれど、
時には、比べることが大切な、
あるいは比べることで救われる、
精神レベルもあるように考えます。

もしかしたら、
比べた相手には失礼かもしれないが、
それで相手に恥をかかせたり、
傷つけたりしない限り、

自分のなかで消化して、
自分の糧にすればいい。

人は、どうしたって、一人だけで
生きていくもんじゃないから。

(参考)満願(米澤穂信)

→ 友達に、いい言葉カードを送る