不幸の比べっこなんか...

不幸の比べっこなんか
しても仕方ないでしょ。

(キャロリング、有川浩)

心を満たしたい、
人にちゃんと評価してもらいたい、
がんばっていると思われたい、

そう考えていながら、
同情されることや
「かわいそう」と思われるために
不幸な部分、恵まれない部分だけを
見せようとするのは、おかしい。

それでも、
自分より評価される人がいたり、
がんばっている人がいると、
どうしても、そちらに走ってしまう人。

比べることに縛られる、
比べることでしか生きられない。

そんな状態になってしまう人は、
少なくないかもしれない。

絶対に比べるな、
っていうのは実際むずかしい。

それは、人と関わるな、
と言っているようなものだろうから。

きっと、自分のなかに
モノサシを持たないと
いけないんだろうな。

それがないうちは、
他の比べるばかりになる。

(参考)キャロリング(有川浩)

→ 友達に、いい言葉カードを送る