分からない中で...

分からない中で
やり続ける鈍感さというものも、
時には必要だよね。

やっぱり外野の声に左右されない
「鈍い強さ」みたいなものが必要。

(インターネットが普及したら、ぼくたちが原始人に戻っちゃったわけ、小林弘人)

恥ずかしいを知らないから、
遠慮なく聞くことができる、
ということがあります。

同じことを何度も何度も
人に話したり、
バカなことを平気でやったり...

そして、人それぞれで
恥ずかしいと思うことが違う
という事実から考えると、

それは、人の何を笑うか、
(あるいは、人の何をバカにするか)
みたいなことにも通じそう。

それと同じポイントについて、
自分のことも恥ずかしがる。
だから、そう見えないように
全力でがんばるという感じ。

そういうことが多いほど、
生きづらいし、
少なければ少ないほど、
きっと気楽に生きられる。

(参考)インターネットが普及したら、ぼくたちが原始人に戻っちゃったわけ(小林弘人)

→ 友達に、いい言葉カードを送る