人はみんな...

人はみんな
不愉快なことは
忘れなさいって言う。

でもそんなことは
どだい無理なの。
口で言うのは簡単だけど、
実のない言い草だわ。

(高い窓、レイモンド チャンドラー[村上春樹訳])

ここ数日、
忘れたくても
なかなか忘れられない、

頭の中に
染みついてしまった思考
というものがありました。

実際は、ささいなことです。
自分には、たいして影響がない。

でも、頭脳の力というのは、
すごいもので、
忘れられない状態によって
なんだか気分が優れなくなる。

だから、忘れようと考えるけど、
そもそもそれを考えることが
かえってその思考を強めてしまう。

結局、それを忘れるほど
夢中になれるものがあるか、

自分に行動を起こさせる
という半強制的な決心でもしない限り、
なんともなりません。

ある意味、雪国の今、
この冬の時期は、いいもんです。
無我夢中で、
雪よせをしなくちゃいけない。

単調な日々でないことは、
ありがたいことです。

(参考)高い窓(レイモンド チャンドラー[村上春樹訳])

→ 友達に、いい言葉カードを送る