答えのなさを受け入れる力は、...

答えのなさを受け入れる力は、
人生が与える謎を受け入れる能力を
私たちに授けてくれます。

(認知症の人を愛すること、和田秀樹)

同著には、こんな言葉もあります。

「私たちにできるのは、
 1日1日を充分に生きることです。
 物事がいつも思い通りにいくとは
 限らないと知りつつ、
 できるだけ穏やかに安らかに生きる。
 善良で分別があり勤勉な人にも
 良くないことは起こるものです。」

このせいだ、
このおかげだ、
あの人のせいだ、
あの人のおかげだ...

そう言い切って、理由や答えが
分かったような気になるのは、
スッキリすることかもしれない。

けれども、それで
何か解決するものでもない。

逆に、その思い込みが、
新たな不快感や問題を
生む可能性もある。

分からないこともある。
少なくとも、今は...

そんな考え方の方が楽。

いつかは分かるかもしれない、
けれど、それも、しばらく先かも...

分かることばかりじゃないんですね。

(参考)認知症の人を愛すること(和田秀樹)

→ 友達に、いい言葉カードを送る