今は丸いあのお月さんも、...

今は丸いあのお月さんも、
明日からまた徐々に身を削がれて、
晦日には消えてしまう。

けど、時が経てば
少しずつ身幅を広げて、
またあの姿に戻る。
ひとの幸せも、
似たようなもんやろなあ。

(みをつくし料理帖06―心星ひとつ、高田郁)

何も不足がない、
どこにも欠けたところがない、
すべて完璧にそろった人生なんて
あるわけがない。

他人の人生を見て、
あらゆるものがそろっている
というように見えたとしても、
おそらく、何かが欠けている。

少なくとも、
「何かが欠けている」
という人生を経験してないという
「欠け」があるのは確かだ。

人生の幸せ成分が
だんだん
増えていったり、
いきなり
少なくなっていったり、
人生はその繰り返し。

その瞬間瞬間だけを見て、
幸せだ、不幸だと決めつけるよりも、
人生全体で、幸せなんだと
思えたらいい。

奇跡と呼ばれているものでさえ、
瞬間的に起きるんじゃなくて、

自分が今を変えようと決心して
行動している時間こそが
奇跡なんじゃないかと思う。

(参考)みをつくし料理帖06―心星ひとつ(高田郁)

→ 友達に、いい言葉カードを送る