冬は春につながっているし、...

冬は春につながっているし、
夜は朝につながっている。

お父さんとお母さんは
私につながっているし、
私は未来の息子たちに
つながっていくのかもしれない。

(未来の息子、椰月美智子)

もろいようで強く、
強いようでもろいのが、
人と人の「つながり」かな。

「え?そんな、
 簡単に離れていくの?
 捨てられる関係だったの?」
みたいなこともあれば、

「わあ、嬉しいなぁ。
 あの時のきっかけで、
 こんなことをしてもらえるなんて」
と感動させられることもある。

結局は、
その相手の「人」となり、
人間性なんだと思う。

「人なんて...」
とひっくるめて言えることでもない。

「あの人は...だけど、
 この人は...だ」
という違いがあるだけ。

それは、きっと、
他の人から見れば、
自分にだって言えること。

そして、あらゆる人に
好かれようとして、
その思いどおりに
好かれている人なんて、
きっといない。

ちょっとの違いをつけて、
大切な「つながり」と
そうでもない「つながり」を、
それぞれの重みに合わせて、
バランスよく保っていればいいのだ。

(参考)未来の息子(椰月美智子)

→ 友達に、いい言葉カードを送る