ものを知ることは...

ものを知ることは
素晴らしいことね。
想像力想像力っていうけど、
経験値を上回る想像力なんかないわ。

見聞きしたことのないものは
想像できないのよ。
知っているものを
どう組み合わせるかってことよ。
組み合わせることで未知のものを
予測することこそが想像力だと思うの。
なら、組み合わせの素材は
多い方が好いでしょ。

(鬼談、京極夏彦)

英語によくよく
慣れ親しんでいないためか、

私の場合、
英語で何かを伝えよう
という時には、結局、
日本語で考えて、

その日本語単語を
和英辞典を引きながら
探しだした英単語を
組み合わせて文章を作る
という作業になります。

なんとか文法通りに並べたとしても、
なんだか、英語っぽくない。

これは、英語の経験値が少ないから、
仕方のないことだろう。

だからといって、
ただただ、スマホやiPodで
「英語のシャワー」を浴びていれば、
上達できるのかといえば、
訳のわからないまま続けているのが
苦痛になって飽きてくるというのが、
私の結末だった。

シャワーを浴びるにしても、
1つ1つ分かっていく積み重ねがないと、
経験値に結びつかないと感じます。

経験とは積み重ね。
1回で終わるものでも、
ただ回数が多ければいいものでもない。
積み重ねるものが何かないと、
「経験値」にならない。
ただ、経験しただけ、通過しただけ、
ということになりかねない。

(参考)鬼談(京極夏彦)

→ 友達に、いい言葉カードを送る