結局は人間同士だ。...

結局は人間同士だ。
この人に嘘はつけないなと、
そういう関係を築くことが
重要だと、そういうことさ。

(サイドストーリーズ、誉田哲也)

直感的に、
この人に嫌われたら、
人間として終わりだな、
と思うことがあります。

それは、
相手への好き嫌いの感情とは別で、
よほどでない限り、
人を嫌うことなどない人だろうから、
そんな人から嫌われるような人間に
なってしまったら、おしまいだ、
ということだ。

つき合いの長い短いにかかわらず、
人について分かることがあり、
もちろん分からないこともあるけど、
なんとなく、どういう関係でいけるか
ということが見えてくる。

そういう当てが、
何度も何度も外れるとなると、
自分の「人を見る目」がないか、

毎回「人をだます人」とばかり
出会っているかのどちらかだろう。

こうやって、
文字にして並べてみると、
どうやら、前者の方が多い
と考えた方が賢明のようだ。

ごまかしてはいけない相手、
ちゃんと向き合うべき相手、
そういう人を見誤らないようにしたい。
幾度か失敗はしたとしても...

(参考)サイドストーリーズ(誉田哲也)

→ 友達に、いい言葉カードを送る