まずやってみる

どんな注文にも、
即座に対応する。
これは大事なことで、
出来る出来ないは関係なく、

まずやってみることが、
稽古場では大切なのだ。
お稽古なのだから、
失敗していいのである。
恥をかいていいのである。

(三谷幸喜のありふれた生活13 仕事の虫、三谷幸喜)

お笑い番組やバラエティー番組、
はたまた、その類の動画の影響か、
他人の失敗を笑うようなクセが
身についてしまっているかもしれない。
そう感じる時があります。

それは、その失敗の内情が分かった時に、
意外にも、というか、実は、
「かなり質の高い失敗」なんだ、
ということに気づかされると、なおさらです。

たとえば、
アメリカ人のおぼつかない日本語を
耳にして、笑ってはみたものの、
学び始めて1ヵ月しか経っていないと分かった時。
スポーツ観戦中、
周回遅れやミスを連発する選手に、
「なんで、こんな選手が出ているんだ?」と感じたが、
環境の整っていないところや国からの
出場選手だと分かった時。
そんな類のことを、知らず知らずのうちに、
何度も何度も笑っているだろうって。

自分は何一つ努力もしないで、
目の前に見せられた「失敗」という部分だけを見て、
笑っていることがあるんだって思うと、
いやいや、笑われてもいいから、
もう遅い、どうしようもないなと思われてもいいから、
何か一つ、挑戦していることがあってもいいべな、と。
何歳になっても、そういうことって大切だなって考えた。