楽天家

自分はひとよりも
とびぬけてしあわせ者で
運のいいうまれなのだ
と思いこむようになり、
それが生涯の信仰のようになって、
いまになって思えば、
それが私を生来の楽天家たらしめたる
原因じゃないかと思う。

どんな失敗をしても、
窮地に陥っても、
自分にはいつかよい運が転換して
来るものだと一心になって努力した。

(坂の上の雲3、司馬遼太郎)

夢を持つのは簡単で、
同じく、夢を捨てるのも簡単で、

たぶん、最も難しいのは、
邪魔が入っても夢を持ち続けることで、
だから、本物でない限り、
夢なんて持ち続けられないべな。

「夢を持て」とか「これを夢にしろ」とか
言われて、持った夢なんて、
きっと長続きしないだろうけど、
夢を持てない人は、その段階で困るべな。