通じる

親子だから
話が通じると思うのは間違いだ。

話そうと思うから
通じないことに苦しむのであって、
端から話をしなければ
問題ないではないか。

(Noricoda波瀾万丈、宮澤 典子)

誰かのためにがんばるのは、
いいことだ。

でも、誰かのために
がんばりすぎた時に、
相手に何かを期待しないでいる
っていうのは、正直難しい。

相手が自分の期待通りに
動いてくれないことに
ガッカリするのがほとんどだべな。

そういう自分が分かっていて、
相手に心理的負担をかけるくらい
がんばりすぎそうになったら、
自分を止める勇気も、時には必要だべな。