受信

メッセージを受信する場合、
届けられるのは言葉ですが、
人は言葉の意味だけを
とらえるわけではありません。

文脈や自らの
知識や経験などを動員して
言葉の奥にあるものを推論します。
これはいつもみなさんが
実行していることで、
実行するのは同じですが、
やり方は言語によって異なります。

(Noricoda波瀾万丈、宮澤 典子)

言いたいことを言ってスッキリすれば、
熱く一生懸命に語りかければ、
簡単な言葉で伝えれば、
くわしくちゃんと説明すれば...
人それぞれが、自分の得意とする
コミュニケーション方法を用います。

相手もそれにマッチすればいいですが、
相性が合わないと、まったく伝わらない、
それはまだマシなほうで、
まったく反対に伝わることもあります。
言葉を使えば使うほど、思うことは、
難しいもんだなや、と。