支えて

夢は情熱がなければ
支えていけない。

漠然とした憧れだけでは、
熱意をつなぎ止めておくことも難しい。

(遊園地に行こう!、真保裕一)

それほど才能がなくても、
限られた時間を集中的に注げば、
それなりのことは出来るようになる。問題は、
その集中を、どれだけ続けられるかだべな。