心では

力で負けるのは
いたしかないが、
心では後れをとるまいぞ...。

(津軽双花、葉室麟)

以前は勝てていたけれど、
周りの人々が強くなって勝てなくなるということは、
悔しいけれど、ありがたいことかもしれない。
というのは、それほど遠くへいかなくても、
手応えのある相手が近くに出てきた、ということだから。

いつまでも勝ってばかりいると、
身近に手応えのある相手がいなくなって、
遠くへ探しに行く必要が出てくる。
そうなると、お金や時間のかかることだから。