近寄って

ものごとというのは、
ぐっと近寄って見るときと、
ほどほどに見るときと、
ぐんと離れて見るときとで、
それぞれに見えかたがちがってくる。
見えかたがちがうのはおもしろい。

それがいままで生きてきたこと、
いま生きていることの
しみじみとしたなにかなのだろう。

(ハルカ・エイティ、姫野カオルコ)

今年も、ラスト1日。
時間が経つのは早いと言われるけど、
そんなことは考えなくていいのだ。
早いも何も、1秒1秒、1分1分、1時間1時間、
ちゃんと、自分の生きることを
やっていればいいのが、人生なのだ。