ひとり旅

ひとり旅の人を見たら
さみしいと思うべからず。
ひとり旅の人は
さみしさもままならなさも
旅の魅力と心得よう。

(マナーの正体、角田光代)

誰かの、いいことをしたくなる気持ちが、
かえって、邪魔な時がある。
自分でやりたい時、
失敗も含めて楽しみたい時、
誰かの「いいこと」が
自分にとっては「悪いこと」の時、
相手のことを知らずに、
いいことはできないなって気づかされる。