きらり

ずっと奥の方までのぞき込めば、
どんな人間の中にも必ず
何かしらきらりと光るものはある。

(騎士団長殺し第1部、村上春樹)

ただ自分を見つめて、
掘り下げていれば、
何かが見えてくるわけではない。
自分に何か体験させることで、
その見えていない自分が見えてくる。
自分が失敗したり、成功したり、
他人の失敗や成功を見たりして、
自分が見えてくる。