夢を

世界で何が起きていようと、
人は自分の人生を生きるしかない。
自分の夢をみるしかない。
できるだけいい夢をみようと、
懸命に足掻きながら。

(希望荘、宮部みゆき)

自分に出来ることを、
1つずつ1つずつこなしていくこと。
どうしたらいい、
とパニックに陥った時にこそ、
そういう積み重ねに意味がある。
そんなことが多いように思う。