敗北

死を敗北にしてはならない。
死を敗北にしてしまったら、
そこに向かう人があまりに
報われないではないか。

(最後の医者は桜を見上げて君を想う、二宮敦人)

死んだら終わり、
という死生観が、これほども、
「生」に執着する日本を作ったのだろうか。
「生」も「死」も、人生の一部というとらえ方、
信じる道もあっていいのではないだろうか。