ふるさと

たとえふるさとが喪われても、
思い出まで奪われるはずはない

(天子蒙塵2、浅田次郎)

大切なものの懐かしさ、ありがたみ、
それは、忘れないことが大切。
その「もの」にこだわりすぎると、
かえって、思い出が壊れてしまう。