ささやかな

混んでいる電車の中には、
明日に、未来に
向かっていく人たちが
たくさんひしめいている。
もちろんわたしも
その中の一人なのだ。あぁ、
なんてささやかな人生なのだろう。

(じごくゆきっ、桜庭一樹)

劇的な出会いが、
必ず幸せになるとは限らず、
ささやかな出会いが、
たいしたもんじゃないとも言えない。
今の幸せがずーっと続く保証もなければ、
今が不幸だからって人生が終わり、
というわけでもない。これから、これから。