コンプレックス

コンプレックスって、
とても大切なものだ。
持つことによって、
謙虚になれるし、
人の痛みもわかる。
コンプレックスの塊
というのは困るけれど、
コンプレックスのない人間
というのはもっと困る気がする。
コンプレックスは、いちばん
自分の価値観が測られる場所でもあるから。

だからこそ、まずは
コンプレックスを持ってることに、
コンプレックスを持たないでおこう。
コンプレックスが、
いちばんの美点になる可能性だって
十分にあることを忘れないでおこう。

そんな小さな心の持ち方が、
うまくコンプレックスと
つきあってゆくコツのひとつ
となってくれるに違いないと思う。

(恋するチカラ―恋なんて、少し不幸ぐらいがちょうどいい、唯川恵)

ほとんどの人が、
何かしらのコンプレックスを
持っている。
見せるか、見せないかの違いだけ。
そして、そこに
こだわり過ぎてしまうか、
それでも前に進むかの違いだけ。