そのままのわたし

『そのままのわたし』を
見つけてくれたひとがいたの。
わたしは
『そのままのわたし』になりたい...

わたし、分かったの。
『そのままのわたし』でいれば
だれかを喜ばせることができるって。
そうして、『そのままのわたし』は
ひとつじゃなくて、
目の前のだれかの数だけいるの

(満潮、朝倉かすみ)

ふれあう相手によって、
自分の顔が色々と出てくる。
化学反応みたいなもの...。
親と、兄弟姉妹と、友人と、
学校、職場、それぞれで、
自分の違う顔が引き出される。
ぜんぶがぜんぶ、自分なのだろう。