これから

起こったことは
しょうがないよ。

これからどうするか
一緒に考えようか

(マンガでやさしくわかるアドラー心理学、岩井 俊憲)

自分は失敗する、
という前提に立って生きていれば、
実際に失敗しても、
がっかりはしても前に進めるだろう。
失敗するわけがない、
と考えるから、失敗した時に、
予想外に時間がかかるかもしれない。