微力

あのときああすれば
人生の方向が変わっていた
かもしれない-
そう思うことはありましょう。
しかし、それをいつまで思い
悩んでいても意味のないことです。
私どものような人間は、
何か真に価値あるもののために
微力を尽くそうと願い、
それを試みるだけで
十分であるような気がいたします。

そのような試みに
人生の多くを犠牲にする覚悟があり、
その覚悟を実践したとすれば、
結果はどうあれ、そのこと自体が
みずからに誇りと満足を覚えてよい
十分な理由となりましょう。

(日の名残り、カズオ イシグロ)

自分一人で、
そんな大きなことは、
そう何度も出来ません。
だからといって、
誰かと協力し合って
組織的に動くことも
そんなに得意じゃありません。
自分の個性を理解して、
出来ることを積み重ねていくだけです。