あたりまえ

こんな、
なんということのない時間も
実は
幸福で満たされていたのだと知る。
あたりまえの、
普通の時間だと思っていた。
あたりまえじゃない。
なんということもない時間じゃない。

実は、とても貴重な時間だった。
今、それがわかる。

(デイ・トリッパー、梶尾真治)

何が大切か、
何が大切だったのか、
人は、それを見失います。
欲張ることはできません。
欲張った瞬間に、
どちらも失ってしまう可能性すら
あります。
本当に大切なものを、お大事に。