上がれば下がる

人間いいときばかりではない。
曇る日もあれば雨の日もある。
株だって上がれば下がる。
下がれば上がる。
総てのことには
波があり底があり天井がある。
それらをならせば結局
落ち着くところに落ち着く。

(先崎学の浮いたり沈んだり、先崎 学)

いつも同じ結果とはいかない。
自分も変われば、
周りも、環境も、時代も変わる。
最善は尽くす、結果は「ゆだねる」。
そういう心持ちで生きられたら、
いろんなことを受け入れられる。