些細なこと

顔立ちや体形や肌の色は
ひとそれぞれちがう。
だが、そんなのは些細なことだ。
置かれた環境のなかで、
少しでも心地よく
楽しくあれるように、
だれもが日々を生きている。

(愛なき世界、三浦しをん)

ささいなことに、
心がとらわれてしまう。
そんなことが度々起こるのが人生。
ただ、そのささいなことが、
大切なときもある。
だから、必要なのは判断すること。
ささいで大切なことが
埋もれてしまわないように、
ささいで大切でないことに
心と時間が奪われすぎないように。