こう生きれば

なにしろ人間は
人生を一度しか
経験できませんから、
「こう生きれば自分はこうなる」
というモデルケースを知りたいと
思うのは当然のことです。

極論すれば私たちは、
「こう生きれば幸せになる」
あるいは
「こう生きなければ幸せになれない」
という物語に従って生きている
と言っても、言い過ぎではない...。

(米澤穂信と古典部、米澤穂信)

必死に生きても、
その方向が少しズレると、
必死さが、かえって苦痛を生む。
よく観察しながら、しかし、
影響されすぎることもなく、
自分に合うように生きていく。
それがいい。