時の川

人は誰もが独り、時の川を
ボートで漕いで進んでいる。
だから未来は常に背後にあり、
見えるのは過去ばかりだ。

川沿いの景色なら、遠ざかれば
自然に視界から消えてゆく。
それでも消えないものは、
目に見えているのではなく
心に焼きついているのだ、と。

(昨日がなければ明日もない、宮部みゆき)

過去を適切に評価することも、
未来を正確に予想することも、
人には難しいこと。
考えはしても考えすぎない。
時間が経たないと、
見えてこないことは多いから。