負の感情

いつまでも負の感情に囚われ、
非生産的な日々を送るのは
いかがなものでしょうか?
現にこうして
存在し続けておらえるのですから。
前向きに、生産的に、
これから生きていきたい
という気持ちが
どこかにあるのではありませんか?

(錆びた太陽、恩田陸)

本当の「負の感情」を隠し、
自分が何か正当な理由で
行動しているかのような演出は、
いつかは無理が出てくるし、
いつまでも長続きするものではない。