どのように生きたか

生であれ、死であれ、ひととしての在り様に変わるところはないと思った。自らがどのように生きたかは、たとえ死であっても奪えるものではない。

(津軽双花、葉室麟)
タグ: 津軽双花