重いか軽いか

一人ひとりが皆違うので、万人に受ける話というのはできないのですが。私は冒頭の挨拶で、その日の聴衆のだいたいの雰囲気を診ます。まず聴衆が重いか軽いか。「重い」というのは反応がやや遅いということです。反対に「軽い」というのは、反応が速いということです。私は今日の聴衆は重いと見ると、少しペースを緩めます。同時に、あまり脱線しないようにします。

(雑談力、百田尚樹)
タグ: 雑談力