背負って

僕は、思い出をちゃんと
背負って生きて行きたい。

たとえば、それが辛い思い出でも、
僕を傷つけるだけの思い出でも、
いっそ「忘れてしまいたい」って
願いたくなるような思い出でも、

忘れずに頑張っていれば、
頑張っていればいつか、
いつかそんな思い出に
負けない自分になれる
って信じているから。

(フルーツバスケット、高屋奈月)