痩せるため

今の日本に出回っている情報の半分は、「痩せるためにはどうしたらいいか」ということで占められていると言っても過言ではない。つまり、これだけ痩せるためのありとあらゆるノウハウや商品がこれでもかこれでもかと出回っているのに、まだ新たな情報が出てくるのである。つまりは、この情報のほとんどが有効じゃないのだ。つまり、今ある情報では誰も痩せることができないのである。だからこそ尽きることなくダイエット本やダイエット食品が売り出されるのである。

(寂しい生活、稲垣 えみ子)