自分の好きな本

ちなみに私はね、近所のブックカフェを「我が書斎」と決め込んでいる。読み終えた本はせっせと持ち込んで置いてもらっている。読み返したければいつでもここへ来ればいい。もし売れちゃってもそれはそれでいいのだ。だって、自分の好きな本を誰かが気に入って買ってくれたら、それってすごく嬉しいことじゃない。

(寂しい生活、稲垣 えみ子)