確率

確率、確率、確率。確率ばかりだ。
 いつくもの確率をくぐり抜けなくてならない。ただ生きるだけなのに。これまで、簡単にできていたことなのに。
 無数の分かれ道が目の前にあり、どこかで未来の自分が力尽きている。

(最後の医者は桜を見上げて君を想う、二宮敦人)