勝利

死を敗北にするもしないも、自分次第なんです。
 例えば、ベルトコンベアから降りればいいのではないでしょうか。死に向かって漫然と運ばれるだけの生を、やめるのです。そして、自分の足で歩きましょう。
 自分の足で、死に向かって歩くんですよ。
 自ら死を受け入れることができた時、人は死に勝利したと言えませんか

(最後の医者は桜を見上げて君を想う、二宮敦人)