悪い所

自分の悪い所なんていくらでも言える。才能のないことを受けれ入れればいい。嫉妬している対象の力に正々堂々とおびえればいい。理屈ではわかっているけれど自分では踏みきれない。人に好かれたいと願うことや、誰かに認められたいという平凡な欲求さえも僕の身の丈にはあっていないのだろうか。

(劇場、又吉 直樹)