落ち着き

「対人過敏」を症状として受け入れるということは、トラウマを刺激するようなことが起こったときは「対人過敏」も強まる、という考え方ができるようになるということです。「対人過敏」が強く出ているときには何らかの形でトラウマが刺激されて症状が悪化しているときなのだ、と把握できるだけでも落ち着きますし、症状を改善するために取り組むべことに取り組もうという考え方もできるようになってきます。

(対人関係療法でなおす トラウマ・PTSD、水島 広子)