楽観主義

どんなことが起こっても何とかしようと思いたいです。これは楽天主義ではありません。楽天主義は、何が起こっても大丈夫、何が起こっても悪いことは起こらない、失敗するはずがない、と思うことです。大丈夫だと思って何もしません。そうではなくて、楽観主義は現実を見据えるのです。現実をありのままに見て、そこから出発します。

(アドラー心理学入門、岸見 一郎)