恩義

人間ってのは、相手を貶したくて仕方がない生き物さ。口ではよく言っても、内心は違う。大半はおべんちゃらや世辞で、本音はなかなか見せない。人が本心から恩義を感じるときってのは、たいがい人に言えない話が絡んでるもんだ。なにかしらの悪事を見逃してもらったとか、苦境に立っているときに救ってもらったとかな。人に知られたくない過去を、自ら口にするやつはいない。

(盤上の向日葵、柚月 裕子)