そうではあるけれど

この人生、大変なんだ。そうではあるけれど上を向いて生きたいじゃないか。そんな思いをこめている。今年こそは、来年こそはといつも思い、また相変わらずの一年が過ぎていく。しかし、力及ばずとも精いっぱいやるしかない。ほかにやりようがない。こつこつと、ほそぼそと、そして、とぼとぼと行くしかないではないか...。そうではあるけれど、上を向いて。

(棋士という人生)