読み

将棋はたしかに読み比べの勝負だといえる。ただ、それは何手先まで読めれば勝てるということではない。直線的に読もうと思えば、時間をかければそれこそいくらでも読むことはできる。けれども、そんなことはあまり自慢にはならない。問題は、どれだけ正確に読めるかということなのである。自分だけでなく、相手の出方も考えながら正しく読めなければ、いくら先を読んでも無駄だからだ。多く読むより、正しく読むことが大切なのである。

(構想力、谷川 浩司)