失敗や過ち

長く人生を送っているうちに、人は一度や二度は過ちを犯すものです。いや、失敗や過ち、ささいな失言の繰り返し、それが人生そのものなのかもしれません。こうすれば良かった...とか、言わなきゃ良かったとか。過ぎたことに後悔するのが人間です。良心のない人はいません。だから、人は後悔します

(ココロがパーッと晴れる「いい話」、志賀内 泰弘)